toggle
2019-01-26

やさしい動画ニュース 2019/01/26

むずかしいニュースをわかりやすくお伝えする「やさしいニュース」
今回は、心不全とお酒の関係についてワシントン大学が発表した研究結果に関するニュースをやさしくお伝えします。

↑チャンネル登録おねがいします(こちらをクリック)

2018年12月28日「JAMA Network Open誌電子版」の記事より
心不全を発症した患者をコホート研究で調査した結果、まったく飲酒をしない人よりも週に一杯以上飲酒をする人の方が生存期間が長くなると、ワシントン大学が発表しました。
心不全ってどんな病気?
・心不全というのは病名ではなく、
心筋梗塞や不整脈・弁膜症・高血圧・心筋症などにより、心臓の機能が低下している状態のこと

コホート研究ってなに?
・健康な人を大勢集めて、長期間観察することで、ある要因が病気とどのくらい関係があるかを調べる研究

心不全の人はお酒を飲んだ方が寿命が伸びるの?
飲酒をしない人:2640日
週7杯以下:3046日
週7杯以上:2806日




関連記事

    関連記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です