toggle
2018-10-04

自分の「好き」を考察してみました

なぜ好きなんだろう

VALUの優待で、ホリプーさんからポストカードをいただきました
わたしは、こういう絵が好きです。
なぜ好きなか考察してみました

美しいものが好き

美しいものは無条件に誰でも好きですよね。不快なものや汚いものが被写体だったら見たくないでしょ。
だから、美しいものを描いているから好き。

色使いが好き

背景にはなにも描いていなくて、鮮やかな原色を均一に塗ってますよね。
この色の使い方が好きです。
派手な色の背景が、描きたい人物のシンプルさを引き立っています。
派手な色は使い方を間違うとごちゃごちゃした印象になってしまいます。しかし、上手に使えばシンプルさを引き立てることが出来るんですね。

余計なものがないから好き

余計な線が一本もないから好きです。
背景には何も描かれていないし、服もアクセサリーも化粧も髪型もすべてシンプルです。
シンプルなのに緻密で丁寧に描かれているのがわかりますよね。

まとめ

イラストに限らず、文章でも写真でも同じだと思います。
美しいイラスト、美しい文章、美しい映像を切り取る。人が不快に感じるものや落ち込むようなことを描いたり、書いたり、撮ったりしない。
派手な色を使ったり、重大事件を文章にしたり、絶景を撮るにしても、表現したいものの本質はシンプルなんですよね。シンプルなことを表現するために、派手なものを利用する。その使い方を間違うと、ごちゃごちゃした印象になってしまう。
余計なものを描かない、書かない、写さない。
自分が表現したいものを強調するためには、極力余計なものを排除する。
そうすることで、描きたいものが浮き上がってくる。
以上が考察です
この文章は美しかっただろうか?
自分の色が鮮やかに出せていただろうか?
余計なことを書かずに、本質をシンプルに書けていただろうか?



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)