toggle
2018-08-26

将来の期待を数値化する VALUでの時価総額が10倍に


時価総額が10倍に

VALUを公開して、もう少しで2ヶ月になります。最初の時価総額は2.2BTCでした。それが昨日、時価総額が10倍の22.0BTCになりました!時価総額が10倍になったことはとても嬉しいです。

Why? What?

これを読んでいる方の中には、
「時価総額が増えて、なぜ嬉しいの?」
「そもそも、時価総額って何?」
と思われている方も多いですよね。時価総額が増えても直接お金が増えるわけではないですから。だと思って、「時価総額」をネットで調べてみました。

時価総額とは

”時価総額とは価値を評価するときの指標であり、時価総額が大きいということは将来の成長に対する期待も大きいということを意味する”
と書かれていました。
つまり、時価総額が増えるということは価値が増えたということであり、その価値というのは現在の価値だけではなく、将来の成長に対する期待も増えたということです。
VALUでいえば、その人の生み出した価値が評価され、これからもっと成長するだろうという期待も大きくなったということです。
だから、時価総額が増えることには意味があるし、嬉しいのです。期待してくれている人がいるから、その期待に応えたいと思えるのです。

未来に

これから、もっともっと新しい価値を生み出し、期待に応えていこうという気持ちになりました。
先のことは誰にもわかりませんが、より良くなろうと思うのと、今のままで良いと思うのかで、その先の未来は変わってくるはずです。より良くなるために、今を楽しみましょう。



Comments

comments

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA