toggle
2017-04-27

見上げた桜と地上の桜 どちらもきれいでした Instagram


桜の花は咲いて美しく、散ってまた美しい花です

だから、咲いている桜と散った桜をそれぞれ撮ってみました。どちらの桜もきれいでした。

まず最初に撮ったのは咲き誇る桜です

近所の公園で朝のウェーキング中に見上げた景色を切り取ってみました。見上げた空には桜しかなくて、この空を残しておきたいと思ってポケットからスマホを取り出したのです。Instagramを始めてから、心を動かされたものがあると写真に残したいという衝動にかられるようになりました。いま、視界に広がっている景色はこの一瞬だけのもの。この一瞬を切り取ってみたい。そして、あとからこの景色を文章で表現してみたい。そう思うようになったのです。

桜の写真を撮った翌日は一日中雨でした

雨が降っていたのでウォーキングも中止です。その雨で多くの桜が散りました。昨日、見上げた空の桜を写真に切り取っていてよかったなと思いました。仕事を終えた夕方、職場の駐車場には、大きな桜の木があります。その桜も、今日一日中降り続けた雨の影響で、たくさんの花びらが木の根元に散っていました。降り積もった桜の花びらがきれいだったので撮ってのが次の写真です。咲き誇る桜もきれいですが、散った桜も同じようにきれいでした。美しさというのは、探しさえすればどこにでもあるのだなと思いました。

人の一生も同じです

青春時代の咲き誇る美しさがあります。青春時代は長くはありません。人は歳をとります。歳をとっても美しさはあるのです。咲き誇る美しさと同じぐらい、散ってからも美しくなれる。
そんなことを思いました。

Comments

comments

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA