toggle
2017-04-02

スーパーベターになろう ブックレビュー 〈その2〉


ゲームフルに生きるための4つの力

・注意力、ひいては、思考と感情をコントロールする力

・どんな人でも潜在的な仲間にし、今ある関係を強固にする力
・自分のやる気を引き出し、意志力、思いやり、精神力といったヒーローの資質を開花させる力

・目的を持って、試練に正面から堂々と向きあう力

自分にとってのヒーローって誰だろうって考えてみたんですね。子供の頃テレビで観てたヒーローといえば、ウルトラマン、仮面ライダー、マジンガーZ、ガンダム……
いろんなヒーローたちが思い浮かんだんですが、どれも自分とは違うんですね。
たしかに、ヒーローはカッコいいけど自分がなりたいのかと問われると、それはなにか違う気がする。そうやって、内省してたら、あるアニメが浮かんできました。
それは ”トムソーヤの冒険”
わたしはあのアニメが好きでした。イタズラ好きのトムに親近感を持っていた。奇想天外な着想を思いつくトムに憧れた。じぶんも冒険したいと願った。
そうなんです。わたしのヒーローはトムソーヤだったんです。
正義の味方でもなく、地球を守るのでもなく、悪人をやっつけるのでもない。
イタズラが好きで、着想豊かで、いつも冒険してるトムソーヤになりたかった。
はい、だから「秘密の正体」のネーミング決めました。
【ハッピーに冒険するスーパー道化師 つよし】
これです!
いつも人を楽しませるピエロ。このスーパーピエロは冒険が大好き。誰も思いつかなかったような奇抜な発想でみんなをアッといわせます。つよしの冒険の旅は、まだまだ続きます。

スコアをつける

・使ったパワーアイテムの数

・悪者と戦った回数
・クリアしたクエスト

・達成したエピックウィンの数

”どれだけ困難で、大きな苦痛を伴う恐ろしいことであったとしても、自分にとって一番大切なことをする”
困難で苦痛を伴う恐ろしいことって、想像しただけでも恐ろしい。
けっこうビビリなので、大切だと思っていても、出来ない。これがわたしの弱点ですね。ビビリを克服して、どんなに恐ろしくて一番大切なことを出来るように努力します。
スコアをつけていくことでやってることは、自分の体重と体脂肪を毎日、朝と晩の2回記録するのを3年ぐらい続けています。これをやっていると、運動したらどのくらい体重が落ちるのか、食べすぎたらどのくらい体重が増えるのか、予想できるようになります。季節による体重の変化も把握できます。冬場は体重が増えても大丈夫。どうせ、夏になれば3キロぐらい落ちるから」
そういうふうに考えられるようになりました。
スコアをつけ続けることで、何を行えば点数が増えて、何をやってしまうと点数が減るのか可視化できます。いつも100点を取らなくてもいいし、点数は増える時期と減る時期があることも実感できます。

まとめ

”夢中になって楽しむ”
自分がやるべきこと、やらなきゃいけないこと、やりたいこと。それらを、ゲーム感覚で楽しむ。徹底的に夢中になって楽しむ。どうせやるんなら、徹底的にやらなきゃ面白くないですよね。仕事だった、家事だって、嫌々やるのと楽しみながらやるのでは成果も大きく違ってきますよね。大きな成果を出すために、やると決めたら徹底的に楽しむ。
自分がやるかどうかは慎重に判断したほうがいいと思います。そして、やると決めたのなら徹底的にやる!
人生はゲームなんだから楽しまなきゃ意味がない。冒険心があれば、新しいことにもチャレンジできる。
そんなことを感じました。

Comments

comments

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA