toggle
2017-03-27

決定力! ブックレビュー 〈その1〉


意思決定を間違ってしまう4つの罠

第1の罠は「視野の狭窄」
第2の罠は「確証バイアス」
第3の罠は「一時的な感情」
第4の罠は「自信過剰」

意思決定に存在する4つの罠について、知識はありませんでした。適切な意思決定を行うためには、意思決定のプロセスをマスターしなければならないという考えが斬新で面白かったです。
確かに、私たちは毎日様々な意思決定を行います。PDCAサイクルのPが意思決定ですよね。
そして、実行することがD。そこで間違っていたかどうかを判断するのがCですが、そのC(チェック)の際に、Dの結果だけで判断してしまいがちです。そうではなくて、Pのプロセスから見直すことが大事なんですね。
プランが間違っていたから、別のプランを実行する。
しかし、「その別のプランってどうやって選んだの?」ってことですよね。
狭い視野と偏った情報だけを頼りに、一時的な感情で決めたプランをいくら実行しても成果は上がりませんよね。

まず、適切なプロセスで意思決定を行う

「パフォーマンスのよい意思決定とは、両方に同時に焦点を当てられるマルチトラッキング」
この考えは、今までのサポメでも常に語られている考え方ですよね。通勤に時間が掛かるので勉強する時間がないのなら、通勤中にオーディオ学習すればいい。電車通勤で運動不足だったら一駅歩けば。自転車や徒歩という選択肢もあるのでは?本を読む時間がないのなら、オーディオブックを活用したり、フォトリーディングを使う。収入が少ないのなら、投資をして増やす方法を学ぶ。あるいは、転職や起業を考える。
こんな風に、リスクを避けながら同時にリターンを得る方法や、選択肢をすべてリセットして、新しい選択を行なう思考法は頭にたたき込まれました。
あとは、どの選択が自分にとって正しい選択なのか、視野狭窄にならないよう、気をつけながら、決めていこうと思います。

WRAP

Widen Your Options 選択肢を拡げる
Reality-Test Your Assumptions 仮説の現実性を確かめる
Attain Distance Before Deciding 決断の前に距離を置く
Prepare To Be Wrong 誤りに備える

「W  選択肢を拡げる方法」

選択肢を広げる一つの手段として、うまくいっている人の方法を真似ることを推奨しています。
しかし、わたしはひねくれ者なので、人の自慢話があまり好きではありません。それより、失敗談の方が大好きです。うまくいってた人の情報って、自然に入ってきますよね。だって、本の著者ってだいたい成功者だし、テレビなどで観る有名人も上手くいっている人ばかり。
だから、意識的に集めてるのは失敗した人の情報です。
なぜ失敗したのか。
どこで間違ったのか。
なにが悪かったのか。
そういう失敗談を反面教師にしてます。
健康な人の健康法より、病気になった人がどんな生活習慣だったのか。ラブラブな人のなりそめより、失恋した人がなぜ別れたのか。みんなから好かれている人より、みんなに嫌われてる人はどんな言動をしているのか。そんな感じで、本も書かないメディアにも登場しない、残念な人に注目してます。まあ、そっちの話の方が面白いっていうのもありますけど。のろけ話より別れ話の方が聞いてて面白いでしょう。

「R 仮説の現実性を確かめる」

仮説の現実性を確かめるために、わざと失敗してみるということが書いてありました。
 
今までの人生で、失敗は星の数ほどやらかしました。わざと失敗してみるほど、心の余裕はございません。失敗を重ねてわかったこと、それは
「他人の意見は、けっこう正しい」
ということです。

昔は、自分の意見が正しくて、他人の意見は間違っていると思っていました。だから、どうやって自分の意見を通すかを最優先していました。そこで、誰もが経験することでしょうが、自分の意見が通っても、それが上手くいくとは限らない。
他人の意見の方が正しかったということは、多々あります。だから、考え方を改めました。
常に外部の知恵に耳を傾け、人の意見を聞く。人の意見に従って失敗したとしても、その人を責めない。失敗から学んで、新しい方法を考える。そうすることで、仕事も人間関係もけっこう上手くいきます。他人の失敗を喜んだり責めたりしなければ、じぶんが失敗した時に周りはサポートしてくれますから。

決断の前に距離を置く方法の一つとして、ウーチングがあります。うーチングとは、小さなプロジェクトを実際に始めてしまって、そこでの反応を見ながら、大きな投資をするかどうか、判断することです。
ウーチングって、失敗を恐れず、あれこれ考えるより実際に小さな行動することが大事だよってことですよね。
確かに、美味しいお店をよく知ってる人は、常に食べ歩いてる。時には失敗もあるだろうけど、美味しいお店を見つけるためには食べ歩くのが一番。
若い時に、たくさんの異性と付き合った人は、最終的に素敵なパートナーと結ばれる。
初恋の人とそのまま結婚するより、いろんな人と付き合って、最適な人を見つける方がベストパートナーと結ばれる確率は高い。
仕事も、一つの仕事しか経験していない人より、いろんな仕事を経験した人の方が、最終的には成功する確率が高い。
自分を過信せず失敗を恐れることなく、小さな行動を繰り返さないとダメなんだなと思いました。

Comments

comments

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA