toggle
2017-03-05

映画 「ラ・ラ・ランド 」はハリウッド版蒲田行進曲だった


映画「ラ・ラ・ランド」の魅力に酔わされてしまったので、酔った勢いでブログに書いてみますね。

主役の二人について

この映画はライアン・ゴズリングとエマ・ストーンの二人が歌って踊って恋をする映画です。他の登場人物は、あまり目立ちません。もう、ほとんどこの2人だけの世界です。
だから、この二人が良ければいい映画になるし、どちらか一方でもダメならダメな映画になっちゃいます。
ライアン・ゴズリングは、匂い立つほどセクシーでした。男のわたしがみてもセクシーな魅力に酔わされました。エマ・ストーンは、颯爽としていてかっこよかったです。絶世の美女という感じではないし、セクシーでもないけど、かっこよかったです。この二人でなければ、この映画の魅力は生まれなかったでしょう。

ミュージカルはやっぱり舞台?それとも映画?

もちろん、ミュージカル映画ですから、陽気で明るいんですよ。迫力もあります。迫力といっても舞台の迫力とは一味違う迫力なんです。映画はやっぱり、舞台の生の迫力には敵いません。そりゃあ、生身の人間が舞台で歌って踊った方が迫力はあります。その生の迫力にはない映画の迫力は、カメラのフレームワークでした。えっ?えっ!エーー!!と声をあげたくなるようなアングルから撮っていたり、奇想天外な画面の切り替えは映画にしかできない迫力です。

ハリウッド版蒲田行進曲

この映画では、ハリウッドの街並みや撮影風景、昔の映画のシーンやロケ地などが、随所に登場します。日本映画でいうと、蒲田行進曲みたいな感じです。売れない役者の物語という点も共通しています。
ただ、違うのは終わり方です。あんまり詳しく書くとネタバレになっちゃいますから、書けませんが、日本では愛し合うことがハッピーエンドだけど、ハリウッドでは夢を叶えることがハッピーエンドという違いです。そういう、文化の違いを楽しむこともできます。

ストーリについて

お互いに大きな夢を持っています。しかし、夢をかなえるのは難しい。そんな時に2人は出会います。そして二人は恋に落ちる。そしていつのまにか、夢をあきらめて、現実に生きる道を選ぼうとします。お互いに、自分の夢は諦めそうになるけれど、愛する人の夢だけは叶えてほしいと思う。そうやって2人はお互いに、お互いの夢を応援します。愛し合うことだけが愛ではなく、愛する人の夢が叶うよう必死になる愛もあるということを教えてくれるストーリーです。

最後に

単純に歌やダンスを楽しむことができます。主役の二人を観てるだけでも楽しいです。ストーリーも素晴らしい。独創的なカメラワークを楽しむこともできます。
ミュージカル映画というと、とにかく陽気で明るくハッピーな映画なのかなと思って観に行ったら、ストーリーが濃くて、ラストが意外で、いい意味で期待を裏切ってくれた映画でした。

Comments

comments

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA