toggle
2017-01-17

Slay(ゲームアプリ)はハマってしまいます


もう、どうしようもなくハマっているアプリゲームがあります。
Slayというアプリゲームです。このゲームは昔からあるのですが、何年間もやり続けています。どうしてもやめられないのです。
このゲームは、陣地を取り合う戦略ゲームです。デザインは古臭いゲームなのですが奥が深いのです。ルールを把握するのに少し時間がかかります。ルールを把握すると、異常にはまります。

なぜ、そんなにハマってしますかというと、人間の心理や生き方、会社経営などを模倣しているのです。

ゲームの説明をします。まず、自分の陣地が一箇所ではないのです。いろんな場所に点在しています。その点在する陣地を、それぞれ大きくしていかなければいけません。ターンを進めるごとに陣地を広げようとするのですが、敵も陣地を広げますから、なかには占領されてしまう陣地もあります。生き残って陣地を増やせた場所同士を結合させることもできます。結合すると、陣地が広がるので収入が増え、兵士も増えるので強くなります。
これは協力することの大切さを学べます。各自が自力で生き残らなければならないのです。生き残った者同士が協力することで、大きな力を得ることができます。

そして、土地が広がると土地からの収益が増えます。収益が増えるとたくさんの兵士や、より強い兵士を雇うことができます。しかし、兵士の数が増えたり、強い兵士を雇うと費用も増えます。ターンが終わった時に、収益より費用が多いと兵士は全員死んでしまうのです。せっかく大きくした領地の兵士が全員死ぬと、かなり動揺してしまいます。おもわず、「あっっう!」と声が漏れるほどの衝撃です。

これは費用と収益の関係を学べます。領地を広げるためにはたくさんの兵士と強い兵士が必要です。しかし、兵士を雇うには費用が必要なのです。費用を考えずに多くの兵士を雇ったり、分不相応に強い兵士を雇ってしまうと、費用が払えず全滅してしまいます。会社の経営や家計も同じです。発展するためには多くの物や人を雇う必要があります。しかし、費用も考えながら雇わなければ倒産します。

こうやって文章で説明しても、このゲームのおもしろさや奥深さは伝わりませんね。
以前は無料版があったのですが、今は有料版(480円?)しかないみたいですね。
戦略ゲームが好きな方にはオススメです。

Comments

comments

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA