toggle
2016-12-14

たんぽぽを見ながら考えたこと Instagram


私のなまえは、つよしと言います。
子供のころ、つよしという名前があまり好きではありませんでした。
なんだか、強くなりなさいと言われているようで嫌でした。
大人になってからは、じぶんのなまえが少しづつ好きになってきました。
強くなったわけではないけれど、強くなくてもまあいいかと思えるようになったからです。

今日の写真はたんぽぽです。
道端に咲いていたので撮りました。
たんぽぽは花よりも、綿毛になったこの時期のたんぽぽのほうが好きです。

たんぽぽというなまえにピッタリなのは、このふわふわ綿毛のときだと思います。
たんぽぽは英語ではダンデライオン(dandelion)と言いますよね。日本語にすると、ライオンの歯です。もし、日本でも「たんぽぽ」ではなく「ライオンの歯」というなまえだったらイメージがだいぶ違ってきます。ライオンの歯だったら、とても強そうですから。

なまえというのは自分でつけることができません。
強そうななまえをつけられると、強くならなければ思う。「美」という字がなまえに入っている人は美しくならねばと思い、「一」という字が入っている人はなんでも一番にならなければと思い、「健」という字が入っている人は健康でなければと思っているのかもしれません。

日本で咲いたたんぽぽは、たんぽぽというなまえを気に入っているのでしょうか。
外国みたいに「ライオンの歯」という強そうななまえの方が良かったのでしょうか。
綿毛になったたんぽぽは、もうどちらでもいいと思っているように見えました。

ポンデライオン(ダンデライオン) – BUMP OF CHICKEN from HamBunco on Vimeo.

↑たんぽぽを見ると、この曲が頭に浮かびます

Comments

comments

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA