toggle
2016-12-09

プーさんが語ってくれたこと Instagram

1日一枚は写真を撮ってInstagramにアップするようにしています。
この写真で87枚目です。ちかごろは、撮るものがなくて困っていました。
最初のころは撮りたいものや、興味のあるものを撮っていました。しかし、だんだん撮るものが無くなってきたのです。
わたしの生活は平凡です。
朝起きて、仕事に行き帰宅して寝る毎日です。豪華な食事や美しい景色はありません。胸踊る出来事や事件もありません。いたって普通の生活をしています。
そうすると、撮れる写真が無くなってきます。
「もう、撮るものがない」
そう感じていました。
しかし、本当に撮るものがないのでしょうか?
どんなものでも、切り取り方次第ではないのだろうか。そう思うようにしました。
そう思って撮ったのが今日の一枚です。
このプーさんはリビングの隅に置いてある小さな人形です。何年も前から目立たないように、そっといる人形です。だけと、ライトを当ててカメラのピントを合わせてあげたら、なんとなくいい感じの写真になりました。
バックに白い厚紙を置いて、その上にプーさんに座ってもらって撮りました。後ろの空間に影ができて写真に奥行きが出ました。ドキュメンタリー番組かなにかで、プーさんが語っているように見えませんか。部屋の隅っこで誰からも相手にされずに過ごした数年間、辛いこともありました。いつ捨てられるのかと不安と恐怖で眠れない夜を過ごしました。新入りのウサギの置物ばかりチヤホヤされて、心が折れそうになったこともあります。そんな苦労も、今となっては笑い話ですよ。と、言っているように見えます。
どんなに平凡な日常でも、そのなかにドラマがあります。部屋の隅っこや見慣れた景色のなかにも、美しいものや愛おしいものがあるはずです。そういうものを見つけ出して、写真に撮り、Instagramにアップしていこうと思います。
そしてこのブログでは、平凡な日常のなかにある気づきや、心の隅っこに眠ってる記憶や、当たり前だと思っているけど、本当は当たり前でないこと。見落としてしまっている小さな幸せや楽しいことを切り取って、焦点を合わせ、しっかりと文章にしていこうと思います。
↑ほんと、ちいさな人形なんですよ。
↑色合いを変えたり、影のつけ方を変えるだけでも、印象がだいぶ違うでしょう。
文章も同じですよね。同じ出来事でも、書き方で印象が違ってきます。
関連記事

コメント2件

  • ゆきこ より:

    ほんとうに小さい!
    私も今月はかなり地味ですよ~
    毎日少しずつ切り取って発信していきたいと思います(*^-^*)
    参考になりました。

    • tuyoc より:

      ゆきこさん、コメントありがとうございます!

      プーさん、小さいでしょう。どんなに小さなものでも、切り取り方次第で大きく取り上げることはできますよね。
      絵非凡な日常の中にある、小さな気づきや幸福を切り取れる感性を鍛えていきましょう(^_^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です