toggle
2016-11-23

エッセンシャル思考 が身についている人は「不倫」しない


グレッグ・マキューン「エッセンシャル思考」

いろんなことに手を出して、あれもこれも頑張ってみたところでなにも成果は上がらない。
自分にとって一番大事なことはなにか考えて、それを選び、一点に集中して目覚しい成果をあげましょう、という内容の本です。
img_6593

人生の時間というのは限られている

子供の頃は時間は無限にあるような気がしていました。早く大人になりたいと願っていた。
それが、大人になってしまうと時間は有限だということを嫌というほど思い知らされますよね。
やりたいことや、やらなきゃいけないことは山ほどあるのに、時間が足りない。
やりたいことをやる時間はないのに、やりたくないことに一日の大半の時間を奪われてしまっている。
そんな人に、ぜひ読んでほしい一冊です。

まずたくさんの選択肢の中から選びなさい

物事を俯瞰してみて、視野を広く持ち、いろんな可能性を考慮する。
その中から自分が本当にしたいこと、興味があることを選び出し、そのことに集中しなさいということです。
選ぶ基準は90点ルール。100点満点で90点以上のものを選ぶこと。60点や70点で妥協はしない。だからといって100点を選ぼうとしても、なかなか100点というのはないので90点以上のものを選ぶ。
そして、一度やり始めたダラダラと続けないことも大事です。
自分にとって必要ないことや、情熱を失ってしまったことなら、さっさと止めなさい。損切りする勇気を持ちなさいということ。

エッセンシャル思考に不倫はない

これを恋愛に置き換えると、誰と付き合って結婚するかは、多くの候補の中から選びなさいということですよね。
数人の中から選ぶのではなく、好きだと言われたから結婚するのでもない。もっと世の中を俯瞰してみる。多くの選択肢の中から自分で選ぶこと。
視野を広く持っていろんな可能性を考慮する。
自分はこの人のことを本当に好きなのか、この人と結婚して幸せになれるのか、しっかり考える。
90点以上の男としか結婚しないと決める。
そして、一度この人と決めたのならその人を徹底的に愛する。不倫なんてしてる時間はもったいない。ムダなエネルギーを使わないで、一番大事な人を愛すること。
だけど、一度好きになったからといって、ダラダラと続けないことも大事。
自分にとって必要なく、愛情がなくなったのならさっさと別れなさい。損切りする勇気も必要です。
この考え方は仕事でも同じです。
たくさんの選択肢の中から本当に自分に合う仕事を選ぶ。
選んだのなら、あとは集中する。一生懸命働いて成果を出す。他のことにエネルギーを分散させずに集中させる。
だけど、ダラダラと惰性で働くようなことはしない。
情熱ややる気が持てないような仕事ならさっさと辞める勇気も必要だということです。
8b7cfbfd-b0f0-4fd9-93b4-0d2c0ce206a3

子供の頃は平均点で評価されていた

学校の成績は平均点で評価されます。
数学で100点をとっても英語が0点なら平均点は50点です。数学と英語が60点の人がいれば、その人の平均点は60点になるので、60点の人が優秀な成績になります。
ですが、社会に出れば違います。
英語が0点でも、数学で100点とれる能力は大きな武器になります。英語も数学も60点の人より数学を生かせる仕事なら優秀な人材です。
それに社会に出てからは、英語や数学といった教科だけでなく、たくさんの分野があります。自分はどの分野で90点以上とれるのか、どの分野が好きなのか、選択肢は無限にあります。それらをしっかりと考えて、自分にあった分野にエネルギーを集中させ、成果を出す。それがエッセンシャル思考なんだなと、この本を読んで理解しました。
img_6587

Comments

comments

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA