toggle
2016-11-13

写真と文章について トリミングとフィルター


さいきん、写真を撮ることがおもしろい。
とにかく目にとまったものをスマホで撮影している。
とりあえず撮って、必要な部分だけトリミングする。それから、フィルターをかけて色合いを変化させる。
写真は文章と似ている。
こうやって文章を書くときも、とりあえず目にとまったもの、気になったものを文章にしている。思うままに書いて、自分が伝えたいことはなんなのかを考える。
そうして一度書いた文書からムダな部分を削る作業をする。写真のトリミングと同じだ。
トリミングをすることで、伝えたい被写体や感情のようなものが浮かび上がるように、文章もトリミングすることで、自分が伝えたいことが浮かび上がってくる。
写真には色んなフィルターがある。同じ写真でも、使うフィルターによってまったく違った雰囲気の写真に変化する。
文章にもフィルターはある。同じことを経験したとしても、書く人が変われが文章はまったく違うものになる。書く人が変わらなくてもフィルターは存在する。
気分が良いときと気分が悪いときでは、同じ人が書いたとしても違う雰囲気の文章になる。ちなみに、この文章をいつもと違う文体で書いている。これもフィルターの一種である。
毎日写真を撮っていると、もう身の周りのものはだいたい撮ってしまったので、撮るものがないなと思うことがある。撮るものがないからといって、人と同じようなものや、つまらないものは撮りたくないと思ってしまう。
文章も同じで、ふだんの生活の中のできごとを書いていると、もう身の周りのことはだいたい書いてしまったので、書くことがないなと思うことがある。書くことがないからといって、人と同じようなことを書いたりつまらない文章は書きたくないと思ってしまう。
もう一度言おう。
写真と文章は似ている。
どんなにありふれた日常でも、写真に撮れるものはたくさんある。
それを、どうトリミングするのか、どんなフィルターを使うのかで自分だけの写真になる。
だから、わたしはこれからも文章を書いていく。
特別な体験や奇想天外な文章ではないけれど、自分の身に周りにある日常を文章に変えて、伝えたい言葉だけをトリミングし、自分のフィルターを通して伝えていこうと思う。

0fe2b643-f49e-4178-9cfd-759c6d1256e5 3b3831b3-bc53-4834-9a25-680a945e3069

↑今日、Instagramにアップした写真です。

同じものでも視点を変えれば、見え方も違ってきますよね。

 

 

img_6326 img_6325 i%ef%bc%91mg_6327

↑これは、上の写真をトリミングした後に、色んなフィルターを使って処理しています。

トリミングすることで、写したいものを残し、よけいな情報は取り除くことで、伝えたいメッセージが明確になります。

そして、フィルターを使うことで同じものでも雰囲気が違ってきますね。

 

 

 

Comments

comments

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA